Program


10:30〜12:00
「緘黙の成人当事者の支援について 〜認知行動療法の発想と技法をヒントに〜」

講師:広瀬 慎一さん かんもくグループ(北海道) https://www.kanmokugroup.com/ 


13:00〜15:30
「大人のかんもくフォーラム 〜成人当事者・経験者の声から〜」

登壇者
・広瀬 慎一さん(かんもくグループ(北海道))
・らせん ゆむさん(『私はかんもくガール』著者)
・浜田 貴照さん (かんもくの会) 
・加藤 諄也さん (場面緘黙を考える会 富山) 
・入江 紗代さん(かんもくの声)

進行

 高木 潤野さん(信州かんもく相談室) 

 



登壇者紹介

広瀬 慎一さん

臨床心理士

2015年より場面緘黙を抱えている人、経験者、支援者、家族、のための交流の場として緘黙支援のボランティアグループ「かんもくグループ(北海道)」を運営。

成人当事者への関心も高い。 

 



浜田 貴照さん

場面緘黙経験者

 2006年より場面緘黙症(選択性緘黙)・全緘黙症を巡る諸問題を社会に訴え、解決に取り組む「かんもくの会」を運営。

症状が重く社会に出られない成人当事者の現状などを伝えたいと、日本特殊教育学会において毎年自主シンポジウムを開催している。



 

らせん ゆむさん

 

イラストを中心に活動するクリエイター

場面緘黙経験者

 

自身の緘黙経験を綴ったコミックエッセイ『私はかんもくガール しゃべりたいのにしゃべれない場面緘黙症のなんかおかしな日常』(2015 合同出版)著者。

 

現在は二児の母であり、子育てに奮闘中。

 



 加藤  諄也さん

場面緘黙当事者

 

 2013年より、支援者、保護者らと「場面緘黙を考える会 富山」を運営。副代表。

 

教員に向けた研修会、趣味であるけん玉を通しての交流など、当事者ならではの活動を行っている。

 

現在、新聞配達に勤務。カフェ(週1)で就労の体験。

 

日本けん玉協会認定2級指導員(アシスタント役と一緒に指導に当たる条件つき)も有している。

 



入江 紗代さん

場面緘黙経験者

 

 

2014年よりfacebookページ「かんもくの声」を開設。

 

「私の自己表現」を軸に、場面緘黙経験者として講座などのイベント企画、情報やテキストの発信、緘黙の当事者研究などの活動を行っている。



進行

 

高木 潤野さん

信州かんもく相談室代表

長野大学社会福祉学部准教授

 

 学校教育の分野を主なフィールドとして、場面緘黙を対象とした個別の相談や学校コンサルテーション、研修会等を行う。

 

『学校における場面緘黙への対応』(2017学苑社)著者。

臨床発達心理士。専門は言語・コミュニケーション障害。

 

日本緘黙研究会事務局長



かんもくフォーラム2017の、チラシになります。ご自由にご利用下さいませ。

ダウンロード
かんもくフォーラム2017 チラシ
かんもくフォーラム2017チラシ.pdf
PDFファイル 1.4 MB


 

 

 

こちらのQRコードからも

申し込み可能です